TOP > 事業概要 > 化学分野 > 熱分解ガス分析による樹脂材料の特性評価

熱分解ガス分析による樹脂材料の特性評価

目的

樹脂材料を熱分解し、発生するガス(可燃性ガス、有毒ガスなど)を調査し、樹脂材料の危険性、有毒性を検討した。

方法

下記の分析を行った。
・管状炉内で熱分解したガスをテドラバッグに採取後、ガスクロマトグラフ分析
 対象ガス:無機ガス(H2,CO,CO2)、有機ガス(メタン、エチレンなどの炭素数4以下のガス)、硫黄系ガス
・上記テドラバッグ内のガスを水に溶解し、イオンクロマトグラフ分析
 対象ガス:無機ガス(HCl, Nox, Sox)
・直接熱分解ガスクロマトグラフ-質量分析
 対象ガス:有機ガス(炭素数5以上)

試験装置・ソフト

・ガスクロマトグラフ分析(GC)
・イオンクロマトグラフ分析
・熱分解ガスクロマトグラフ-質量分析(GC-MS)

結果

樹脂材料の熱分解ガスの危険性、有毒性を把握することができた。また、材料の化学構成も把握できた。

お客様の成果

樹脂材料の熱分解時のガスの有毒性が明らかとなり、安全な部品づくりのための材料選定に役立った。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)樹脂材料の熱分解ガス分析フロー

関連試験装置

事業概要