TOP > 事業概要 > 土木・建築分野 > ハイブリッド試験による橋脚の安全性評価

ハイブリッド試験による橋脚の安全性評価

目的

数値解析と試験を組み合わせた準静的試験(ハイブリッド試験)により、地震時の動的挙動を再現するとともに大地震時における橋脚の安全性を立証することを目的とした。

方法

実際の橋脚のスケールモデルを用いて、地震時の応答特性および安全性を準静的に評価した。
本方法は、動的な慣性力や部材の塑性化を数値解析で考慮することにより、数秒間の瞬間的な地震時挙動を数時間に拡大した低速の実験で置換できるため、構造物の損傷過程を解明することが出来る。

試験装置・ソフト

・2台のアクチュエータと制御コントローラー
・数値解析/データ処理用パソコン
・非線形特性を考慮した時刻歴地震応答解析ソフト(独自開発)

結果

・正弦波を与えた1/10スケールの単柱橋脚の試験を行い、地震応答挙動を再現できた。
・東神戸大橋NS地震波を与えた1/10スケールの単柱橋脚の試験を行い、地震応答挙動を再現できた。

お客様の成果

大地震時の橋脚の地震応答挙動を再現できる本試験システムにより、地震発生時の橋脚の安全設計に役立っている

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)ハイブリッドの試験状況
  • 図2)地震応答結果(変形波形)

関連試験装置

事業概要