TOP > 事業概要 > 土木・建築分野 > 橋梁の耐震設計解析・評価

橋梁の耐震設計解析・評価

目的

橋梁の鋼製橋脚の耐震性の評価を行った。

方法

道路橋示方書の耐震設計基準に基づいてタイプⅠ、タイプⅡの大型地震時の安全性を検証した。橋脚を実体に近い有限要素のシェル要素にモデル化し、非線形時刻歴応答解析を行い、地震時の挙動や塑性変形部位を明らかにした。

試験装置・ソフト

汎用解析ソフト:ABAQUS

結果

道路橋示方書に基づいて静的震度法および保有水平耐力法により、橋脚が基準を満足することを確認した。
また、阪神淡路大震災で取得されたJR高取の地震波形を用いて、時刻歴応答解析を行い、特に問題のある 損傷が生じないことを確認した。

お客様の成果

橋梁の鋼製橋脚の耐震性について評価できる解析システムの構築ができ、安全性の確保のための指針づくりに役立った。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)JR鷹取駅地震波調整波NS成分を入力した時の応答変位
  • 図2)矩形橋脚の地震応答結果

関連試験装置

事業概要