TOP > 事業概要 > エレクトロニクス分野 > ガスの定量分析による部品ケース内部の密閉度評価

ガスの定量分析による部品ケース内部の密閉度評価

目的

部品ケース内部に侵入するガス量を分析し、ケース内部の密閉度合を推定した。

方法

・圧力容器内に、部品と発生ガス源(液体)を入れ、加温し放置した。
・所定時間放置後、部品を取り出し、内部のガスを分析した。

試験装置・ソフト

・ガスクロマトグラフ分析(GC)
・検量線を用いた定量分析の適用

結果

部品内部に侵入したガス量を定量化できた。また、部品ケースの密閉度をガス量より推定できることもわかった。

お客様の成果

ケース内部の密閉度合いを把握でき、部品ケースの品質管理に役立った。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)ガス分析のために特別に組立てた装置
事業概要