TOP > 事業概要 > エレクトロニクス分野 > イオン注入エネルギーの変化に伴うイオン注入分布および基板ダメージの評価

イオン注入エネルギーの変化に伴うイオン注入分布および基板ダメージの評価

目的

LSIの微細化にともない極浅注入技術の研究が盛んに行われている。極浅注入試料の評価は主に低エネルギー化した一次イオンを用いたSIMS(二次イオン質量分析)で行われているが、最表面の分析に問題を抱えている。これら問題の少ない高分解能RBS(Rutheford Backscattering Spectrometry;ラザフォード後方散乱分析)を用いることにより、最表面の注入量や注入深さ及び注入ダメージを精度よく求める事を目的とした。

方法

エネルギーを1,3,5keVと変えた砒素注入試料について高分解能RBS(Rutheford Backscattering Spec-trometry;ラザフォード後方散乱分析)によりランダムスペクトルとアラインスペクトルを測定し、注入量、注入深さおよび注入ダメージを調べた。

試験装置・ソフト

神戸製鋼所製高分解能RBS分析装置

結果

エネルギーを1,3,5keVと変えた砒素注入試料について注入量、注入深さおよび注入ダメージを正確に求めることができた。

お客様の成果

本結果をもとに砒素のイオン注入条件と電気特性の関係を評価し、極浅注入技術の開発に貢献した。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)注入エネルギーを変えた試料の高分解能RBSスペクトル(ランダム)
  • 図2)注入エネルギーを変えた試料の高分解能RBSスペクトル(アイランド)

関連個別商品

関連試験装置

事業概要