TOP > 事業概要 > エネルギー・機械分野 > 微生物による金属腐食の解析

微生物による金属腐食の解析

目的

腐食損傷に関して微生物の関与を明らかにする。

方法

通常の腐食損傷調査で実施する外観観察、断面組織観察、SEM-EDX分析、イオンクロマト分析、X線回折などの調査方法に加え、PCR(Polymerase Chain Reaction/ポリメラーゼ連鎖反応)法を用いて、硫酸塩還元菌、鉄酸化細菌、鉄細菌、硫黄酸化細菌について、その存在有無を調査する。

試験装置・ソフト

・光学顕微鏡
・走査型電子顕微鏡
・イオンクロマトグラフィー
・X線マイクロアナライザーなど

結果

各種分析から、腐食生成物中に微生物腐食特有の元素が検出された。また、微生物分析によって、鉄細菌と硫酸塩還元菌の関与が明らかとなった。

お客様の成果

特殊な環境で使用する材料の選定に役立つとともに、設備の保全、点検などに寄与した。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1 腐食発生部の外観観察結果(SUS304溶接部)
  • 図2 EPMAによる腐食損傷部の断面マッピング分析結果
  • 図3 PCR法による微生物の定性分析結果

関連個別商品

関連試験装置

事業概要