TOP > 事業概要 > エネルギー・機械分野 > アルミの欠陥と特性の評価解析(2)

アルミの欠陥と特性の評価解析(2)

目的

アルミ部材のガス欠陥の許容基準を得ることを目的として、欠陥と軸疲労平面曲げ疲労との相関例を求めた。

方法

アルミ中のガス欠陥大小と軸疲労強度、平面曲げ疲労強度の測定を行った。

試験装置・ソフト

・軸疲労強度・・・1トン軸疲労試験機
・曲げ疲労強度・・・シェンク式平面曲げ疲労試験機

結果

1.アルミ中の欠陥と軸疲労強度の相関関係
2.アルミ中の欠陥と平面曲げ疲労強度の相関関係
が把握でき、欠陥の大小により疲労限が大きく変化すること、平面曲げ疲労試験では、欠陥の位置によりS-N曲線にバラツキが生じやすいこと等が把握できた。

お客様の成果

疲労強度に及ぼす欠陥の影響が把握でき、アルミ部材の重要部分での欠陥低減に活かし、歩留まり向上に寄与した。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)アルミ中の欠陥と軸疲労強度の相関
  • 図2)アルミ中の欠陥と平面曲げ疲労強度の相関

関連個別商品

関連試験装置

事業概要