TOP > 事業概要 > エネルギー・機械分野 > アルミ材の孔食発生原因調査

アルミ材の孔食発生原因調査

目的

アルミニウム材に発生した孔食部の表面・断面観察、元素分析を行い、腐食の発生原因を調査した。

方法

・表面のEDX-SEM観察により、腐食形状と元素を分析した。
・断面のEPMA観察による面分析により、元素濃化を分析した。

試験装置・ソフト

・SEM-EDX(走査型電子顕微鏡)
・EPMA(X線マイクロアナライザー)

結果

腐食形態は孔食状であり、腐食先端部でCl、Sの濃化が見られることから、塩化物および硫酸塩による腐食であることがわかった。

お客様の成果

塩化物、硫酸塩の混入を避けること、代替材料を選定することの指針が得られた。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)EDX/EPMAによるアルミ材孔食部の分析例

関連個別商品

関連試験装置

事業概要