TOP > 事業概要 > エネルギー・機械分野 > 高温プラント部材のAパラメ-タ法による経年劣化および余寿命評価

高温プラント部材のAパラメ-タ法による経年劣化および余寿命評価

目的

タービンおよびボイラー部材等の高温高圧下で使用されている部材の経年劣化およびクリープ寿命評価を行った。

方法

高温部材のクリープ余寿命診断法として、種々の方法が提案されているが、最も広く使用されているのがAパラメータ法を用いた方法である。
Aパラメータ法は部材からレプリカにより組織を採取し、SEM(走査型電子顕微鏡)で観察して、粒界のボイド発生率を定量評価する非破壊的方法であり、これを適用した。

試験装置・ソフト

・スンプ採取キット
・SEM(走査型電子顕微鏡)

結果

Aパラメータ法で求める試験技術は十分に確立でき経年劣化およびクリープ寿命評価を行うことができた。

お客様の成果

プラント部材を非破壊で寿命評価ができ、プラントの保全に貢献している。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)Aパラメータ法によるクリープ余寿命診断

関連個別商品

事業概要