TOP > 事業概要 > 輸送機分野 > リチウムイオン電池 安全性試験シミュレーション

リチウムイオン電池 安全性試験シミュレーション

目的

リチウムイオン電池の加熱試験、過充電試験、内部短絡(釘刺し)試験での熱分解反応、ジュール発熱、放熱を含めた伝熱解析を行い、部材の伝熱性・反応性、電池形状・容量と熱暴走の有無の関係をシミュレーションし、リチウムイオン電池の安全設計の効率化に寄与する。

方法

1.部材の伝熱特性の評価(DSC、レーザーフラッシュ)
2.部材の熱分解・化学反応評価(DSC)
 セパレータ熱分解、負極と電解液反応、正極と電解液反応、電解液熱分解
3.化学反応モデル作成
 - 負極と電解液の反応 → SEI(固体・電解液界面層)モデル作成
 - 正極と電解液の反応
4.電池モデル作成
5.伝熱解析

試験装置・ソフト

COMSOL Multiphysics
BDS (Battery Design Studio)

結果

電池全体での加熱試験,釘刺試験,等の結果とシミュレーション結果を比較し評価する。

お客様の成果

非公開

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • リチウムイオン電池 安全性試験シミュレーション

関連個別商品

事業概要