TOP > 事業概要 > 装置一覧から探す > ホワイトボディや実車の実験モーダル解析による振動特性評価

ホワイトボディや実車の実験モーダル解析による振動特性評価

目的

下記の評価を行うことを目標とした。
・車の振動特性を評価する。
・モデルチェンジによる部品変更時の振動特性を評価する。
・入力が難しい低周波数領域での振動特性を評価する。
・実験モーダル解析とFEMモデルの整合性評価を行う。

方法

・加振機を2台または3台用いて、車体を同時加振した。
・低周波数領域での実験モーダルでは、油圧ジャッキを用いて加振した。
・局所振動特性を把握するために、インパルスハンマによる打撃試験を行った。

試験装置・ソフト

・試験装置:30kgf加振機、油圧ジャッキ、インパルスハンマ
・ソフト:WCA Modal、Me'Scope

結果

・車の一般的な振動モード特性を把握することができた。
・モデルチェンジの部品変更に伴う局所での振動モード特性を把握することができた。
・低周波領域での振動モードを把握することができた。

お客様の成果

・モデルチェンジ・マイナーチェンジ時の部品変更での振動特性を把握することができた。
・安定して低周波数の加振を行う事が技術的に難しく、いままではこの領域での評価を行えずにいたが、当社で試験を行うことでその特性把握を行うことができた。
・FEMモデルの精度向上が図れた。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)実験モーダル解析の手順
事業概要