TOP > 事業概要 > 化学分析 > 元素の定量分析

元素の定量分析

方法

・ICP発光/質量分析法
・原子吸光光度法
・イオンクロマトグラフ法
・重量法
・容量法
・吸光光度法

試験装置・ソフト

ICP質量分析装置、ICP発光分析装置、原子吸光光度計、イオンクロマトグラフ、自動滴定装置、分光光度計、管状炉燃焼赤外線吸収装置、マイクロ波加熱分解装置、蒸留装置、管状電気炉、燃焼フラスコ

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)ICP発光分析法によるAl合金中Mgの定量分析例
  • 図2)吸光光度法による六価Crの定量分析の様子
  • 図3)自動滴定装置を用いたリン酸濃度の定量分析

特徴

・材料中の微量領域(ppb~ppm)の高感度定量分析が可能である。
・材料中の高濃度領域の高精度分析が可能である。
・溶液中の元素の価数別定量分析が可能である。
・材料中のハロゲン元素(全フッ素、全塩素など)の定量分析が可能である。

実施例

・鉄鋼、Al合金、Mg合金、ジルコニウム合金など各種金属材料の材質(鋼種)判定分析
・ガラス中SiO2の高精度分析
・地下水中のFe価数別定量分析
・鉄鉱石、セラミックス材料中の高精度定量分析
・海水中の極微量元素分析
・高純度石英、高純度金属ケイ素中の炭素定量分析

関連個別商品

関連試験装置

事業概要