TOP > 事業概要 > 化学分析 > 土壌分析

土壌分析

方法

・土壌汚染対策法に基づく調査(全25項目)
・土壌ガス調査 (平成15年環境省告示第16号)
・地下水調査  (平成15年環境省告示第17号)
・土壌溶出量調査(平成15年環境省告示第18号)
・土壌含有量調査(平成15年環境省告示第19号)

試験装置・ソフト

・第一種(揮発性有機化合物)及び第三種(農薬等)測定:ガスクロマトグラフ質量分析装置
・第二種特定有害物質(重金属等)測定:ICP発光分光分析装置、原子吸光分析装置
・第三種特定有害物質(PCB、農薬等)測定:ガスクロマトグラフ分析装置、高速液体クロマトグラフ分析装置

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)原子吸光分析法による重金属分析の定量チャート
  • 図2)ガスクロマト分析法による農薬分析のクロマトグラフ

特徴

 土壌の平面方向・深度方向、さらには地下水の汚染有無・程度を把握するために土壌汚染対策法に規定された25項目について迅速に分析を実施し、汚染除去等の対策資料を提供する。

実施例

行政関係の土壌汚染対策法に基づく調査や土地売買に伴う自主調査等

関連受託商品

事業概要