TOP > 事業概要 > 化学分析 > 作業環境測定(有機溶剤)

作業環境測定(有機溶剤)

方法

測定が必要な場所を対象として、第1種有機溶剤または第2種有機溶剤の空気中の濃度を作業環境測定ガイドブックに準拠して測定し作業環境を評価する。

試験装置・ソフト

固体捕集装置・ガスクロマトグラフ・検知管

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)ガスクロマトグラフ法による有機溶剤分析のクロマトグラフ

特徴

作業環境中には、人体に有害なガス、蒸気、粉じんなどの因子が存在し、労働者の健康を確保するためには作業環境の改善を行い、これらの有害因子を排除する必要がある。その手段として作業環境測定を行い、作業環境中の有害因子の実態を把握し、環境状態を評価する必要がある。
測定に当たっては、作業環境測定機関および作業環境測定士が実施し、対象物質の製造および取り扱う業務を行う屋内作業場を対象として測定する。

実施例

有機溶剤測定:吹付け塗装及び溶剤洗浄作業時の有機溶剤濃度測定
事業概要