TOP > 事業概要 > 環境試験 > 各種薬剤による浸漬試験

各種薬剤による浸漬試験

方法

試験対象材を各種薬剤に浸漬させて、浸漬試験前後での表面外観変化、重量変化などを観察・測定し、材料の耐食性を評価する。

試験装置・ソフト

恒温装置:マントルヒータ、ウォーターバス、オイルバス、オーブン

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)浸漬試験状況
  • 図2)試験結果の例(腐食速度の経時変化)

特徴

各種材料の浸漬試験を行うことにより、試験環境中での腐食形態および腐食速度を求めることができる一般的な耐食性評価試験である。

実施例

・各種材料の塩水浸漬試験
・ステンレス鋼の硫酸浸漬試験
・ステンレス鋼の硫酸-硫酸銅浸漬試験
・アルミ合金の塩酸浸漬試験

関連試験装置

関連受託商品

事業概要