TOP > 事業概要 > 材料試験 > 曲げCTOD試験

曲げCTOD試験

方法

BS規格、日本溶接協会(WES)規格などに基づき試験片を製作し、3点曲げ形式で行うことが多い。
試験温度としては、低温(-196℃~RT)~高温(300℃)での試験が可能である。

試験装置・ソフト

試験装置:静的万能試験機等

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 試験状況
  • 試験概要図

特徴

厚鋼板に適用する破壊じん性試験であり、厚鋼板およびその溶接部の性能評価などの指標に用いる。

実施例

船舶、橋梁、海洋構造物、パイプライン等に使用される鋼材およびその溶接部の曲げCTOD試験
事業概要