TOP > 事業概要 > 材料試験 > 高荷重往復摺動型摩擦摩耗試験機

高荷重往復摺動型摩擦摩耗試験機

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 装置全体像
  • すべり形態:往復摺動するプレートにピン等を押し付ける形態

概要

本装置はピンとプレート試験片の組合せによる摩擦摩耗試験機で、ピンをプレート試験片に押し付け、水平方向に一定距離繰り返し往復摺動させ、その時の摩擦係数や試験後の摩耗量を調べる試験機である。

仕様

型式           RFT-070 往復動摩擦摩耗試験機    
荷重           MAX2000N
摩擦力          MAX500N
試験速度         0-2000rpm
ストローク長さ      17-100㎜         
試験温度(MAX)      150℃
試験環境         オイル滴下、無潤滑

試料

ピン試験片:φ8㎜×H25mm
プレート試験片:L70×D17×H14㎜

特徴

各種金属材料・高分子材料・セラミック材料及び新素材などを荷重・時間を組合せて摩耗量測定、動摩擦係数測定、焼付き試験等が高荷重にて試験可能である。また、ディスペンサによるオイル供給が可能であり、滴下環境での試験が可能である。本装置は試験部位に比べ大型で、偏心を抑えるためクランクによる水準器が設置されており、高スピードによる試験が出来る工夫がされている。

実施例

<荷重一定型試験(摩耗試験)>
 一定の荷重、速度条件で試験を実施し各試験時間(摺動距離)による摩耗量の変化を確認する。
<荷重増加型試験(焼付き試験)>
 所定の速度条件で荷重を段階的に増加させ、ある荷重時の摩擦力(動摩擦係数)の変化を確認する。
事業概要