TOP > 事業概要 > 物性試験 > 磁気特性測定

磁気特性測定

方法

軟磁性材料の直流磁化特性(磁束密度、保磁力、透磁率、ヒステリシスループなど)を磁気磁束計により測定する。

試験装置・ソフト

理研電子製BHS-40

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1)磁気測定結果(材料:純鉄冷延板)
  • 図2)純鉄冷延板の磁気特性と圧下率の関係

特徴

軟磁性材料を対象として、直流磁化特性を磁気磁束計により調査する測定方法であり、材料の磁束密度、保磁力、透磁率、ヒステリシスループなどを求めることができる。

実施例

・軟磁性材料(電磁ステンレス、モーターコア、電磁クラッチ部品など)の磁気特性測定
・パーマロイ、ケイ素鋼板などの高透磁率材料の磁気特性測定
・加工履歴(圧延、機械加工、成形など)や熱処理履歴(磁気焼鈍、焼結)に対する磁気特性変化の調査

関連試験装置

関連受託商品

事業概要