TOP > 事業概要 > 物性試験 > レーザーフラッシュ法熱定数測定

レーザーフラッシュ法熱定数測定

方法

・試料表面側にレーザー光を照射して入熱させた時の裏面側の温度変化を測定し、この温度変化挙動から比熱・熱拡散率を求める。比熱測定は熱電対による接触測定であり、熱拡散率測定は赤外線検出器による非接触測定である。

試験装置・ソフト

装置:TC-7000(アルバック理工製)

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1 アルミニウムの比熱測定結果
  • 図2 アルミニウムの熱拡散率測定結果

特徴

・比較的小さな均質・緻密固体材料の比熱及び熱拡散率が測定できる。熱伝導率は密度を知ることにより算出できる。
   最小試験片寸法:Φ8×t1(mm)
・比較的短時間に測定ができ、室温~1400℃程度まで測定できる。

実施例

・自動車・航空機などに使用するアルミ合金材料の熱定数測定(図1、2にアルミニウムの測定結果を示す)
・発電所などに使用するステンレス、ニッケル合金の熱定数測定
・セラミックス材料の熱定数測定
・樹脂材料の熱定数測定

関連試験装置

事業概要