TOP > 事業概要 > 機械・構造物・部材試験 > 構造物の耐力試験

構造物の耐力試験

方法

テストベッドに、フレームを立てて油圧ジャッキを設置し、このジャッキにより構造物に荷重をかけて構造物の耐力を測定する

試験装置・ソフト

・静的テストベッド、動的テストベッド
・各種油圧ジャッキ(5MN~100kN)
・各種フレーム
・治具の設計製作
・荷重、ひずみ、変位等の測定用機器

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 大型ショベルの載荷試験
  • 橋桁橋脚剛結構造性能試験
  • 橋桁橋脚剛結構造性能試験

特徴

・構造物に合わせたフレームを組み、油圧ジャッキで実際の構造物に近い状態で載荷して耐力測定を行うことができる。
・構造物の最大寸法は 20m×13m×10mHまで可能である。
・テストベッドで2軸の荷重をかけることも可能である。

実施例

・ショベルのアーム、ブーム載荷試験、車輌の圧壊試験、模型車輌の落下衝撃試験、桁 の載荷試験、ケーブルの2次曲げ試験
・橋桁橋脚剛結構造性能試験、落橋防止装置の衝撃引張試験、住宅部材(屋根、柱梁ラーメン構造、壁、床、基礎)の強度試験・パイプライン用大口径鋼管の大変形曲げ試験等

関連試験装置

関連受託商品

事業概要