TOP > 事業概要 > 振動・音響・流熱試験 > 制振材料の振動減衰性能特性試験

制振材料の振動減衰性能特性試験

方法

短冊状の試験片(長さ150~300mm、幅10~20mm、厚さ2~3mm程度)を使用する。
減衰性能特性試験は、試験片の共振特性を利用する方法である。制振鋼板のように、損失係数が周波数に依存する場合は、数種類の寸法の試験片を用意して試験をする必要がある。(図1参照)
試験方法として、材料の特性に合わせ下記の2種の方法を用いる。
 1.糸吊り法 (図2参照)
 2.機械インピーダンス法 (図3参照)

試験装置・ソフト

〈糸吊り法)インパルスハンマ、小型加速度計、バンドパスフィルタ、周波数分析器
〈機械インピーダンス法)小型加振機、掃引信号発生器、インピーダンスヘッド、周波数分析器

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 図1) 試験片の固有振動数
  • 図2) 糸吊り法
  • 図3) 機械インピーダンス法

特徴

振動を防ぐ方法として、
 1.制振   ; 振動エネルギーを熱に変えて消散させる方法
 2.振動絶縁 ; エネルギーガ外から入ってこないようにする方法
等がある。本試験は、試験片の共振特性を利用して制振材料の損失係数を求める。

実施例

・制振鋼板、非鉄金属、複合材料の減衰性能特性
事業概要