TOP > ニュースリリース > 鋼製埋設部路面境界部の損傷判定・診断方法がNETIS-VEに登録、活用促進技術に指定されました。

鋼製埋設部路面境界部の損傷判定・診断方法がNETIS-VEに登録、活用促進技術に指定されました。

2019年9月19日付けで、当社が開発した『パルス渦流法を用いた非破壊検査技術』が、公共工事等における新技術活用システム「NETIS-VE」に登録され、併せて「活用促進技術」に指定されました。(登録番号KK-150069)
この技術は主に、土砂/アスファルト/コンクリート等に埋設された道路附属物(照明柱、標識柱等)の地際部腐食を、掘削することなく測定できる技術で、現状の掘削し4か所の板厚測定をする技術に対し、測定時間の大幅な短縮が可能となります。当社では、この技術を活用してインフラ長寿命化に寄与して参ります。

【プレスリリース】鋼製埋設部路面境界部の損傷判定・診断方法がNETIS-VE活用促進技術に指定されました(PDF)

ニュースリリース