TOP > 事業概要 > エネルギー・機械分野 > 電気化学的手法による金属材料の腐食挙動解析

電気化学的手法による金属材料の腐食挙動解析

目的

伝導性のある溶液中での金属の腐食挙動機構や腐食速度を解析するには、電気化学的手法による電位-電流曲線を測定して解析するのが一般的であり、電気化学的手法を解説した。

方法

伝導性のある溶液中で、金属を酸化性環境あるいは還元性環境に分極させて、その時に流れる電流の挙動から、金属の腐食挙動を解析し、耐食性・腐食性および腐食速度を調査・解析した。

試験装置・ソフト

・ポテンショスタット(定電位分極装置)
・ガラス製フラスコ

結果

電位‐電流曲線の測定により各種金属(ステンレス鋼板、アルミニウム板)のNaCl溶液中での腐食挙動が明らかになった。

お客様の成果

材料と環境の相互作用で起こる腐食反応機構、速度を検討して腐食原因を解析し、腐食トラブルの防止策を講じることができ、設備保全に寄与した。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 電気化学的手法による耐食性評価
  • 電気化学測定状況と概略図

関連個別商品

事業概要