TOP > 事業概要 > 振動・音響・流熱試験 > ダンパの減衰力測定

ダンパの減衰力測定

方法

正弦波荷重を加えて、荷重および変位の時刻歴波形を計測し、ヒステリシス(荷重-変位)曲線、速度-減衰力特性図を得る。
図1に、ダンパモデルを示す。

試験装置・ソフト

可搬型電気油圧-サーボ型疲労試験機(写真1参照)
周波数分析器

特徴

構造物振動の特性値として、質量と剛性で決まる固有振動数と固有振動モードが大切であるが、応答の大きさを議論する際に、減衰特性の把握が必要である。可搬型電気-油圧サーボ型疲労試験機を用いて、ダンパの減衰係数や減衰力を求め、設計や数値シミュレーションに活用する。

実施例

鉛直方向および水平方向のヒステリシス曲線
鉛直方向および水平方向の速度-減衰力特性図(図2参照)
事業概要