TOP > 事業概要 > エネルギー・機械分野 > 破壊力学解析による機器類の安全性評価

破壊力学解析による機器類の安全性評価

目的

亀裂部材の脆性破壊や疲労破壊に対する安全性診断を目的に、破壊力学パラメータである応力拡大係数Kについて、実働荷重下での値をFEM解析により求めた。

方法

様々な長さのき裂についてモデル化を行い、実働荷重下でのき裂先端の応力拡大係数Kの値をFEM解析ソフトの周積分機能を用いて算出を行った。

試験装置・ソフト

FEM解析ソフト:ABAQUS

結果

FEM解析で求めた実働荷重下におけるき裂長さと応力拡大係数Kの関係を材料の破壊靭性値KⅠCと比較することで、対象物が脆性破壊する限界き裂長さを明らかにした。

お客様の成果

脆性破壊する限界き裂長さの明確化により、機器類の安全性の診断基準づくりに役立った。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  •  

関連個別商品

事業概要