TOP > 事業概要 > 輸送機分野 > 自動車VOCチャンバー試験によるVOC放散量の評価

自動車VOCチャンバー試験によるVOC放散量の評価

目的

チャンバー試験により自動車室内部品から発生するホルムアルデヒド等のVOC成分の放散量を評価することを目的とした。

方法

建築基準法で定められている建築資材のチャンバー試験法(JIS-K-1010)に準じて、自動車部品のチャンバー試験を行い、ホルムアルデヒド等のVOC成分の放散量を測定した。

試験装置・ソフト

20Lチャンバー試験装置、GC-MS(ガスクロマトグラフィー・質量)、HPLC(高速液体クロマトグラフ)

結果

試験の結果、自動車メーカーが設定している基準値に合致しているか否かを検討した結果、自動車用VOC測定の評価にも適用できることが明らかになった。

お客様の成果

自動車室内のVOC発生を抑制する観点から、自動車室内部材の選定に役立った。

イメージ ※クリックすると拡大します。

  • 表 化学物質の室内濃度の指針値(厚生労働省)

関連個別商品

事業概要