TOP > 事業概要 > 腐食防食 > 摩擦・摩耗特性評価

腐食防食分野

摩擦・摩耗特性評価

摩擦・摩耗試験機一覧表

試験機名称 主な
摺動形態
(冶具により変更可能)
最大荷重 最大速度
回転数
温度 雰囲気 評価
項目
目的
摩擦摩耗試験
デュアルマイクロテスター μ-100
ピンオンディスク
(回転、往復)
ボールオンディスク
(回転、往復)
100N
回転:2.0m/s
往復:0.2m/s
プレート
加熱可能
RT~200℃
無潤滑
オイル滴下
摩耗量
摩耗形態
摩耗係数
基礎的な摩耗係数や摩耗観察用
回転摺動、往復摺動の両方実施可能
表面性測定器(HEIDON) ボールオンプレート
(往復)
10N 600mm/min プレート
加熱可能
RT~200℃
無潤滑
オイル塗布
摩耗係数 基礎的な摩擦係数や摩耗観察用
ピン・チップオンディスク型
摩擦摩耗試験機
ピンオンディスク
(回転)
チップオンディスク
(回転)
3000N 2-20m/s RT 無潤滑
オイル噴きかけ
摩擦係数
摩耗量
摩耗形態
油中、水中での摺動試験
ピン・リングオンディスク型
摩擦摩耗試験機
ピンオンディスク
(回転)
リングオンディスク
(回転)
5000N 7.85m/s
6.0m/s
RT 無潤滑
オイルどぶ漬け
摩耗量
摩耗形態
摩擦係数
 
荒田式溶射被膜評価
試験機
試験片に対して標準噴射剤をある条件で噴射する。 - - プレート
加熱可能
RT~200℃
- 摩耗量
表面観察
断面形状
試験片に対して、標準噴射剤を噴射させたときの摩耗減量を比較する
トラクション試験機 ボールオンリング
(回転)
500N ボール:
4000rpm
リング:
2000rpm
RT~100℃ 無潤滑
オイルどぶ漬け
摩耗係数
トラクション係数
油中での摩擦係数、ピッチング試験
高速ファレックス型摩耗試験機 ピンVロック
(回転)
19600N 1.66~66.5cm/s
50~2000rpm
RT~200℃ 無潤滑
オイルどぶ漬け
耐焼付き性
摩擦係数
摩耗量
ASTM D2670、ASTM D3233対応
高荷重往復摺動摩擦摩耗試験機 ピンオンプレート
(往復)
2000N 0~1200rpm
ストローク
15~100mm
プレート
加熱可能
RT~200℃
無潤滑
オイル塗布
摩耗係数
摩耗量
プレート加熱
(max.150℃)可能
オイル滴下可能
山崎式ジェット・
エロージョン
腐食試験装置
試験片に対して腐食性のある溶液を高速で噴射し、試験片にエロージョン・コロージョンを生じさせる。 - - RT
(なりゆき)
弱酸、弱アルカリ性水溶液
スラリー対応可
摩耗量
表面観察
断面形状
エロージョン・コロージョンによる、摩耗減量を比較する
キャビテーション・
エロージョン試験機
振動ホーンの先端に取り付けた試験片を試験液中で超音波振動させ、試験片表面に気泡の発生と破壊を繰り返し生じさせる。 - - RT
(なりゆき)
水道水 摩耗量
表面観察
断面形状
材料間の耐キャビテーション性を簡便に比較評価できる
高温摩擦摩耗試験機 ピンオンディスク
(回転)
リングオンディスク
(回転)
5000N 2.0m/s
1.1m/s
RT~700℃ 無潤滑 摩耗減量
摩擦トルク
ディスク温度
高温(~500℃)での摩擦摩耗挙動
土砂摩耗試験機 試験片とリングの間に土砂を吹きつけ、アブレシブ摩耗させる。 130N 200rpm RT 大気中 摩耗量
表面観察
ASTM G65-00e1
大越式迅速摩耗
試験機
リングオンディスク 189N 4.0m/s RT 無潤滑
オイル滴下
摩耗痕幅
摩耗量
平面試験片に回転する円盤を押し当てて、摩耗痕幅を測定する
事業概要